夏と冬が出来やすい!?季節に合わせた効果的なニキビ対策!

ニキビというと、一年中発生して困っていると言う方もいらっしゃいますが、一般的には夏と冬にできやすいと言われています。

ニキビにも季節が関係するの?と驚かれるかもしれませんね。
しかし、それにはちゃんと理由があるのです。

それでは夏と冬にニキビが出来やすい理由と季節ごとの対策法を見ていきましょう。

夏にニキビが出来やすいワケと対策

fac4f0100828793b66c3e90980070867_s

夏ニキビの原因

夏にニキビが出来やすい理由として、真っ先に汗や汚れをイメージすることでしょう。
しかし、夏にニキビができやすい理由はそれではありません。
逆に汗をいっぱいかくことで毛穴から汚れも一緒に排出され、新陳代謝も活発になり、お肌の毛穴詰まりを改善するなどお肌にとってはプラスなのです。
もちろん、汗や汚れをそのままにしておくとニキビの原因になりますが、こまめに拭いておけば汗がニキビの原因になることはありません。

夏のニキビの最も大きな原因は、紫外線です。
夏はご存知の通り一年で最も紫外線が気になる時期。
紫外線の中でもUVAは、室内にいても入り込み肌にダメージを与えるため、日が出ている間は常に紫外線対策を行っていないと危険です。

紫外線は、肌の角質層まで届いて肌内部にダメージを与え、肌本来のバリア機能を低下させます。
その結果、紫外線からお肌を守ろうと角質を厚くしてしまうことで角栓が発生しやすくなり、毛穴も詰まりやすくなることでニキビが発生しやすくなってしまいます。

夏ニキビ対策

そんな夏場のニキビ対策としては、極力「紫外線を防ぐ」ようにするの一言です。
UVクリーム等の使用は当然のことながら、窓にはUVカット機能のあるフィルムを貼ったり、外出時にはUVカット機能のある帽子や日傘などを使うなど徹底的に日焼け防止対策を行うようにしましょう。

そして、ダメージを受けた肌の回復をサポートするために、ビタミンCビタミンBなど美肌に役立つビタミンを積極的に摂るようにするのも効果的な方法です。

冬にニキビが出来やすいワケと対策

9200d9786755233f23c323451bc59c0a_s

冬ニキビの原因

一年の中でも最もニキビが出来やすいのが、空気が乾燥する冬です。
それは夏の負の遺産と言っても過言ではありません。

夏に紫外線を浴びたお肌は、その影響で角質が分厚くなっています。
その角質が冬になると乾燥して、ニキビなどの肌トラブルを引き起こすことが多いのです。

また空気の乾燥によって肌本来のバリア機能が損なわれることも大きな要因です。
肌内部が乾燥し、角質が柔軟性を失う異常角化によってもニキビが発生しやすくなります。

更に冬は気温の低下で体が冷え血行が悪くなり、新陳代謝も低下します。また、寒くなると人間の体は皮脂を多く分泌する上に、夏ほど水分を摂らなくなることで血液もドロドロになって老廃物の排出も滞りがちになる点も冬ニキビができやすい原因と考えられています。

冬ニキビ対策

冬ニキビ対策は、とにかく「保湿」が大事。
自宅やオフィスの加湿、スキンケアは肌表面だけでなく内部の潤いを保持させるためにセラミドを配合したアイテムを使うようにしましょう。

また注意したいのが、お湯の温度です。
気温が下がっているため、お湯の温度の設定を高くしてしまうことも多いのですが、高すぎる水温はさらに皮脂を奪い、乾燥を促してしまいます。

洗顔や入浴時はぬるめのお湯を使うようにしましょう。

そして、風邪やインフルエンザ予防として有効なマスクもニキビを発生・悪化させてしまいやすくするアイテムです。
かといってマスクをしないで病気にかかってしまうのも本末転倒。

ニキビと病気予防のためには、マスクを使う時には直接肌に当たる部分は清潔な綿ガーゼの布をあてたり、使い捨てのマスクを利用してこまめに清潔なものに付け替えるなど工夫をすると良いでしょう。

寒いからと言って運動不足も厳禁です。
運動をすれば血行も良くなり、筋力低下も防止できますし、新陳代謝も活発になってニキビができにくくなるので、体調や天気を見て積極的に運動することも冬ニキビ対策として有効です。

ニキビや肌荒れを防ぐにはセラミドによる保湿がオススメ!【関連記事】

まとめ

一年の中でもニキビが出来やすい夏と冬。
それぞれの季節に合わせた対策を重点的にとることで、ニキビが出来にくい肌環境の維持を心がけるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。