ニキビ多発注意!敏感肌さんのスキンケア!

よく耳にする敏感肌は、様々な肌タイプの中でももっともトラブルを起こしやすい肌と言っても過言ではありません。
敏感肌は、少しの刺激でも肌が反応してしまい、肌荒れやニキビなどがすぐに出来てしまうため、敏感肌の方は常日頃から肌の状態に神経質なほど気を配っている方も多いですね。

それでも出来てしまう敏感肌のニキビケアの方法をご紹介していきます。

敏感肌のスキンケアは?

100301

想像以上にニキビが出来やすい肌状態となっている敏感肌のスキンケア方法をご紹介します。

保湿メインのスキンケアを行う

敏感肌は普段のスキンケアで肌質を根本的に改善していくことが非常に重要です。

肌が乾燥しているというと、すぐに油分たっぷりのクリームで肌表面を覆ってしまえばよいと考えてしまいがちですが、それでは根本的な原因(肌内部の乾燥)を改善することができず、その油分でさらに毛穴を塞いでしまうだけなので逆効果です。

それよりも、敏感肌の方は肌内部に潤いを与えるスキンケアを行いましょう。

先ほどご紹介した肌内部の水分保持に欠かせない天然保湿因子(NMF)とセラミドに代表される細胞間脂質を配合した化粧水等で、肌内部がしっかりと水分を溜めこむことができるように改善していくことが大事です。

肌内部でしっかりと水分を溜めこむことができれば、自然とターンオーバーも整い、外部からの刺激からもちゃんと肌が守られ、ニキビができにくい肌になるだけでなく敏感肌そのものの肌質改善が出来ます。

ニキビや肌荒れを防ぐにはセラミドによる保湿がオススメ!【関連記事】

洗顔やクレンジングは低刺激のものを

外部刺激に非常に弱い敏感肌の洗顔やクレンジングは、肌に優しいものを選ぶようにしましょう。

できるだけメイクは控えめにし、メイクを落とすときに使うクレンジングも洗浄力の強いものを避けましょう。

拭き取りやオイルタイプではなく、ローションやミルクタイプを選ぶのがオススメです。

洗顔も低刺激のものを選び、泡立てて顔を撫でるようにするとさらに肌に優しく洗うことができます。

ニキビを作らず悪化させないクレンジングの選び方と使い方!【関連記事】

生活習慣の改善を

敏感肌の方は、栄養バランスが乱れた食事や睡眠不足、ストレスなど様々な問題を抱えていることが多いと言われています。
それらによって、自律神経やホルモンバランス、ターンオーバーが乱れ、自力で肌を潤すことができなくなっているのです。

敏感肌を改善するには、規則正しい生活やレトルト・インスタントなどに頼らない栄養バランスのとれた食事、適度な運動やストレス発散などが欠かせません。

遠回りのようですが、これらの問題の改善に地道に取り組むことで、少しずつ肌の敏感な状態も変わっていきます。

敏感肌なのにニキビ?

084162

敏感肌でニキビが出来る根本原因として「肌の乾燥」が挙げられます。

通常、肌表面を覆う皮脂膜、肌内部の潤いを保つ天然保湿因子(NMF)とセラミドに代表される細胞間脂質の3つによってお肌は保湿されているのですが、敏感肌の場合はこれらが不足することで乾燥し、少々の刺激でも過敏に反応してさまざまな問題を起こしやすい状態になっています。

特に、肌内部の乾燥が深刻である場合は非常に危険です。

肌本来のバリア機能を果たせなくなってしまうことで、それを補おうと皮脂の分泌量を増やして外部の刺激からお肌を守ろうとします。

しかし、ターンオーバーがスムーズにいかないので角栓となり、乾燥で狭くなった毛穴に詰まってニキビが出来てしまうのです。

また、肌が無防備になっているために、大気の乾燥や紫外線やホコリなど外部からの刺激に敏感になり、少しの刺激でも炎症を起こしてしまいやすいことも原因です。

つまり、敏感肌でニキビが出来てしまうメカニズムは乾燥肌とほぼ同じです。

また敏感肌は肌が弱アルカリ性になっています(健康な肌は弱酸性)。
肌がアルカリ性になると、アクネ菌なども繁殖しやすくなるため、さらにニキビが出来やすくなってしまいます。

まとめ

少々の刺激でニキビや肌荒れなどを起こす敏感肌は、肌質そのものの改善を行わないと永遠にニキビトラブルに悩まされることになってしまいます。

敏感肌が原因でニキビが出来てしまうと言う方は、その場しのぎのニキビケアだけでなく、肌質改善に本気で取り組み、ニキビが出来ない健康な肌作りに取り組むようにしましょう。

コメントは受け付けていません。