思春期ニキビと大人ニキビの違いと正しいケア方法!

思春期にできる思春期ニキビと、大人になってから出来る大人ニキビの基本的な原因は同じです。
どちらも毛穴に皮脂がつまってニキビができるのは同じですが、思春期ニキビと大人ニキビは皮脂が過剰分泌されてしまう要因が異なるのです。

それでは思春期ニキビと大人ニキビの違いとそれぞれのケア方法についてみていきましょう。

思春期ニキビと大人ニキビの違い

084162

ニキビができる根本原因は同じですが、思春期ニキビと大人ニキビはなぜ皮脂が詰まるのか?と出来る場所に違いがあります。

思春期ニキビの要因と発生場所

まず思春期ニキビは、成長期に分泌される成長ホルモンが皮脂腺を刺激し、皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まってアクネ菌の繁殖が起こることで発生します。
思春期の方はまだ毛穴もそれほど大きくないため、さらに詰まりやすいのも原因。
また部活などで汗をかく機会も多いことなどから顔中にニキビが出来て悩みの種になるのです。

思春期が終わり、ホルモンバランスが整ってくると思春期ニキビの発生も次第に収まってきます。

発生場所は皮脂腺の多いTゾーン(額や鼻)、頬などにできやすいのが特徴です。

大人ニキビの要因と発生場所

一方、大人ニキビが出来る間接的な原因は多種多様です。
栄養バランスの乱れた食事、慢性的な睡眠不足、間違ったスキンケア、ストレス、化粧品、飲酒や喫煙など人によってさまざまな要因が挙げられます。
それらによってホルモンバランスが乱れたり、肌の乾燥から肌を防御するために皮脂が過剰分泌されることで毛穴詰まりが起こり大人ニキビが出来てしまいます。

大人ニキビはそれぞれ個人の要因を解決しないと発生を抑えることが難しいため、なぜニキビが出来てしまうのかまずその要因をちゃんと見つけることが重要です。

大人ニキビの発生場所はUゾーン(アゴや頬)、首筋にかけて出来ることが多いと言われています。また、同じ場所に何度も繰り返しできやすいという特徴があります。

思春期ニキビと大人ニキビのケア方法

089293

それではそれぞれのニキビのケア方法についてご紹介します。

思春期ニキビのケア方法

成長ホルモンが間接的な原因の思春期ニキビは、自分では皮脂の過剰分泌をコントロールすることができません。
そのため、過剰に分泌された余分な皮脂を取り除くこまめなケアがポイントです。

まず、ニキビ用の洗顔剤を使って、丁寧に洗います。
お肌がべたつくからといってゴシゴシ洗うのは厳禁。
泡をしっかり泡立てて優しくなでるように洗うだけで余分な皮脂を落とすことができます。
その上で、べたつかないニキビ用のさっぱりタイプのスキンケアアイテムを使い、お肌を清潔に保つようにしましょう。

汗をかいたら清潔なタオルでこまめにこすらず拭き取ること。
このときあぶらとり紙やウェットタイプのシートでお肌をこすらないようにしましょう。
すでに発生している思春期ニキビを刺激して悪化させてしまうばかりか、お肌を摩擦によって傷つけさらに過剰な皮脂分泌を促してしまいます。
学校にいるときなどは洗顔フォーム等で顔を洗うのは難しいので水洗いで十分。余分な皮脂や汚れ、汗等が肌に残ったままにしないことが最も効果的なケア方法です。

ニキビ肌に固形石鹸が選ばれる理由とおすすめの石鹸洗顔料TOP2【関連記事】

大人ニキビのケア方法

上記でご紹介したように、大人ニキビを作る皮脂の過剰分泌を促す要因は人によってさまざまです。

まずは自分の生活や食事を見直しましょう。
夜更かし、油っぽい食事やインスタントメインの食事等、不摂生な日常の習慣があればすぐに改善することが大事。
それでも変化が無い場合は、スキンケアアイテムがお肌に合っていないか、スキンケア方法が間違っている可能性があります。

大人の肌は複雑なので、皮脂の過剰分泌によってオイリー肌だと思っていたら実は内部は乾燥しているインナードライ肌だったという方も少なくありません。
自分の本当の肌タイプにあったアイテムを選ぶようにしてください。

また、大人ニキビが発生し続けているなら、ニキビの悪化や新たな発生を防ぐために当分の間はなるべくメイクも控えめにしましょう。

ニキビ肌のための化粧水選び!あなたに合うタイプはしっとり?さっぱり?【関連記事】

ストレスも解消

60e92aee0c9381da5dbaa48c6373feba_s

思春期ニキビの場合は成長ホルモンが、大人ニキビの場合は様々な日常生活の乱れが皮脂の過剰分泌を生み出しニキビを発生させることはご理解していただけたでしょうか。

それぞれの原因にあったケアを行うことで、少しずつニキビも収まってくることでしょう。
ただ、もう一つ気を付けたいのが、ストレス。

現代はストレス社会なので、子供も大人も常にストレスにさらされていると言っても過言ではありません。
ストレスを感じると、自律神経やホルモンバランスが乱れてしまい、さらにニキビができやすい肌環境になってしまいます。

ストレスを全く感じないように、というのは無理な話ですので、ストレスを感じても溜めこまずにすぐに発散するように常に心がけてください。
ストレスによるホルモンバランスの乱れを防ぐことができれば、ニキビができにくい肌作りに非常に役立つはずです。

まとめ

毛穴の皮脂詰まりがニキビの原因であることは思春期ニキビも大人ニキビも同じです
ただ、その原因を作る要因が年代によって異なるので、その要因に合わせたケアを行うことが重要です。

ニキビにいつも悩まされているという思春期のお子さまや大人の方は、ぜひ自分に合った正しいケアを行うことでニキビができない肌環境作りをしましょう。

コメントは受け付けていません。