日ごろのお手入れで十分予防・改善できる胸ニキビ!

女性に多いのが胸元にできるニキビです。
鎖骨やバストなどのデコルテ部分のニキビは、胸元の開いた服を着た時にはっきり見えてしまい、相手に与える印象も悪くしてしまうので早急に治したいものですね。

それでは胸にできるニキビの原因と対策法をチェックしていきましょう。

胸にできるニキビの原因

2c579222f616794c01554314c0a50c2b_s

胸元は全身のなかでも背中に次いでニキビができやすい場所でもあります。

胸は皮脂腺が多いので皮脂や汗も活発に分泌される上に、服でおおわれているため通気性も悪く、タオルで拭くこともしづらい場所など、ニキビができやすい条件を全てクリアしている危険ゾーンです。

そんなもともとニキビができやすい場所である胸元のニキビ発生をさらに促しているのが以下の外的原因です。

合わないスキンケア

お手入れにお風呂上りにこってりとしたボディミルク等のアイテムを使っていると、ただでさえ皮脂分泌量が多い胸元がさらにべたつき、毛穴のつまりを引き起こしやすくなります。

乾燥しやすい手や脚などと同じアイテムを使っていては、過剰にオイル分を与えることになってしまいます。

洗い残し

年齢の表れやすいデコルテ部分にも丁寧にスキンケアや紫外線対策を行う方が増えています。
とくにUVクリームを胸元に使用することは美肌のためには有益なのですが、顔のクレンジングは丁寧にやっても、胸元に塗ったUVクリームを落とさずにいる方も少なくありません。

ウォータープルーフタイプの場合、通常のボディソープでは洗い流すことができません。

その結果毛穴詰まりを引き起こし、胸のニキビの原因に。

また、洗髪や洗顔をしたときに洗剤が胸元に残っていることも。

下着や洋服の摩擦

胸元は下着や洋服がこすれやすい場所です。
締め付ける下着、ナイロンなどの化学繊維で出来た衣類など、通気性が悪い上に肌への刺激も強いため、知らない間に胸元の皮膚にダメージを与えていることも。

髪の毛やネックレスの刺激

また髪やネックレスなども肌に直接ついていると刺激となってニキビの原因になります。

不衛生な寝具

人は寝ている間にたくさんの汗をかいています。また新陳代謝も活発になっているため、想像以上にパジャマや布団には汗や皮脂が付着し、胸元のニキビの原因になります。

上記の外的要因のほかにも、別の場所にできるニキビの原因と同じく睡眠不足や偏った栄養、ストレスなどによる内的要因で発生することもあります。

胸ニキビの治し方

089293

胸ニキビを治し、予防するには胸元の環境を清潔に保つことが第一です。

汗や皮脂が出やすい胸元は、汗をかいたらすぐに拭き取りましょう。面倒ですが、そんなひと手間が胸ニキビの改善や予防に非常に効果的です。

また、身につける下着や衣類、パジャマは清潔なものを選ぶことや、髪の毛をまとめたり、ネックレスを控えるなど、胸元を極力刺激しないように気を付けることも大事です。

入浴時は丁寧に胸元を洗い、しっかり洗い流した後は保湿はほどほどにしておくと、べたつきを防いで毛穴詰まりをおこさないようにすることができます。

さらに十分な睡眠、栄養バランスの乱れた食事、上手なストレス発散を日常生活で心がけるだけで、乱れたホルモンバランスを整え、過剰な皮脂分泌を抑えることができます。

この「外から」「内から」のダブルのアプローチで、胸元のニキビは出来なくなっていくことでしょう。

まとめ

「見えない場所だから」と胸ニキビを放置してしまう方もいらっしゃいますが、それでは色素沈着しやすい胸にポツポツと格好悪いニキビ跡を残すことになってしまうかもしれません。

胸ニキビは、他の場所に比べて早いうちにケアすれば悪化させることなく沈静化させ、発生を防ぐことも出来るニキビなので、お手入れを欠かさないことが大事です。

美しいデコルテは、女子力の高さの証明。
キレイでニキビやニキビ跡のない胸元を手に入れるためには、ぜひ上記のポイントを押さえて、日ごろから丁寧にケアするようにしまし

コメントは受け付けていません。