悪化しやすいので要注意!日常生活の見直しできっちり治すこめかみニキビ!

顔の中でもこめかみはニキビができやすい場所の一つです。
こめかみには皮脂腺も多く、髪の毛が触れる部位でもあり、必然的に毛穴が詰まって出来るニキビが発生しやすくなるのも仕方がないといえます。

皮脂分泌が過剰な思春期にできる思春期ニキビだけでなく、大人になってからもできる大人ニキビでも多いこめかみニキビができる原因と治し方を見ていきましょう。

こめかみニキビはどうしてできるの?

49f5b04a49616dded6494498f5159b22_s

皮脂や汚れが毛穴に詰まることを直接的な原因として出来るニキビ。それは顔であろうが、お尻であろうが、足であろうが同じです。

こめかみにできるニキビの場合は、間接的な原因が他のニキビとは多少異なります。

繰り返す大人ニキビを何とかしたい!原因と予防法!【関連記事】

髪の毛やスタイリング剤の刺激

こめかみは様々なヘアスタイルでもたいてい髪の毛が触れている場所です。
髪の毛が触れるだけでなく、その髪には髪の毛をスタイリングすると気に使う整髪剤やシャンプーやコンディショナーなども付着しています。

髪の毛が触れることが直接的に皮膚に刺激を与える上に、その髪についた成分が肌をさらに刺激し、ニキビを作り、さらに悪化させてしまいます。

すすぎ残し

髪の生え際であるこめかみはすすぎ残しも起こりやすい部分です。
こめかみ自体を丁寧に洗ったとしても、生え際に洗顔剤やシャンプーなどが残り、垂れてきてせっかく清潔にしたこめかみに付着してしまうことも。

など、こめかみならではの原因でニキビが出来てしまうことも少なくありません。

ほかにも、ストレスや睡眠不足、バランスの悪い食事などによってもこめかみニキビはできやすくなりますが、これらを原因としているならこめかみ以外にも他の部分にも同様にニキビができているはず。

こめかみだけに毎回ニキビができてしまうという方は、上記の2つの点がこめかみニキビの引き金になっていると考えると良いでしょう。

こめかみニキビの対処法

084162

出来てしまったこめかみニキビは、赤く炎症しやすいという特徴があります。

というのも、こめかみは常に髪の毛等で刺激される場所だからです。

毛穴が詰まり白ニキビが出来た後、さらに詰まって空気に触れている部分が酸化して黒ニキビになり、その部分にアクネ菌やマラセチア菌が繁殖して炎症を起こして赤ニキビ、さらに化膿して黄ニキビになります。

汚れやばい菌やスタイリング剤のついた髪が、つねにニキビをちくちく刺激したり、こすれたりして刺激しているわけですから、こめかみニキビが悪化しないわけがありませんね。

そのため、繰り返しこめかみニキビができる方の対処法として
 前髪やサイドの髪がこめかみに触れないようにきっちりまとめておく、ピンでとめておく

 整髪剤などは控える
ことが当座の対処法としては急務です。

また、寝ているときにも知らない間にこめかみニキビを悪化させていることも。
それは、就寝中に顔が付いているです。
汚れた枕カバーが触れること自体、ニキビには良くありませんが、さらに寝返りなどでこすりつけることでさらにニキビをしげきすることになってしまいます。
そのため枕カバーは常に清潔なものを使用し、髪の毛もまとめておくと良いでしょう。

ほかにも
 汗をかいたらこまめに拭きとる

 洗顔や洗髪の際はこめかみや生え際までていねいにすすぐ

 ホルモンバランスを乱さないよう、ストレスや睡眠不足、栄養バランスの乱れた食事を改善する
などの対策も有効ですよ。

まとめ

一度できてしまえば目立つ上に悪化させてしまいやすいこめかみニキビは、何気ない日常の習慣が引き金となって居ることが少なくありません。

こめかみニキビは、極力、髪の毛等で刺激しないように注意し、清潔に保つようにしておけば、化膿させずに治すことが可能です。
ぜひ今回ご紹介した治す方法を取り入れて、日常生活を見直すことできっちりこめかみニキビを治しましょう。

コメントは受け付けていません。