ニキビに効くサプリメントの賢い選び方!

ニキビは毛穴に皮脂が詰まることで起こります。
それは肌にダメージを与える間違ったスキンケアや乱れた生活習慣、外部からの刺激だけでなく、肌の内側にも問題があることが多いものです。

肌の内側からニキビができにくいようにするには、ニキビに効くサプリメントを活用するのも効果的な方法です。

それではニキビに効くサプリメントについてみていきましょう。

ニキビの改善に効く成分は?

d435f43a1d74408252debc603d4ad82a_s

まず知っておきたいのが、ニキビの改善に役立つ成分です。

ビタミンB2、B6などのビタミンB群

まず、「発育のビタミン」といわれる脂質代謝に必要不可欠なビタミンB2には、細胞の再生をサポートし、皮膚や粘膜を保護する働きがあります。
また、成長ホルモンの合成にも欠かせないので、新陳代謝を活発にするために最も重要な成分です。

またビタミンB6「肌のビタミン」とも呼ばれる大事な成分です。タンパク質の代謝に欠かせない働きをする上に、肌のバリア機能を高める働きもあります。

ビタミンBは水溶性ビタミンなので、過剰摂取の心配はありません。

ビタミンC

抗酸化作用が高いことで知られるビタミンC「美肌のビタミン」
新陳代謝を活発にし、コラーゲンの生成をサポートする重要な働きをします。

ほかにも免疫力を向上させるなど健やかな体を保つことにも欠かせません。
ビタミンCはストレスや喫煙で消費されてしまうので、ストレスの多い生活を送っている方は要注意。

また熱に弱いため加熱すると壊れてしまう上に、水溶性なので摂取方法には気を付けましょう。

ビタミンE

「若返りのビタミン」として知られるビタミンEは、強い抗酸化作用のある栄養素です。

老化を促進する活性酸素を取り除き、悪玉コレステロールを抑制、さらにホルモンの生成や分泌にも重要な働きをするため、ホルモンバランスの乱れが原因でニキビができやすい方は積極的に摂りたい成分です。

乳酸菌/食物繊維

便秘がニキビの原因になることはよく知られていますね。
腸内環境が悪化していると、きちんと毒素が排出されないばかりか免疫力も低下するなど悪影響は計り知れません。

そのため善玉菌の働きをサポートする乳酸菌の摂取もニキビには効果的です。
またぜん動運動を促し、便のカサ増しや善玉菌のエサとなる食物繊維も不可欠。

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の二つがあるので、両方摂るようにしましょう。

サプリメントを選ぶときの注意点

300407

できればニキビに効く成分は食事で補うことが最も望ましいことであることは言うまでもありません。

しかし、欧米化した食事内容が定着した現在、毎日バランスよくニキビ改善に役立つ栄養を常に摂りつづけることは困難ですね。

そのために、上記の成分を配合したサプリメントをプラスすることがオススメ。
ニキビ専用に作られたサプリメントも多数販売されているので、どれを選ぶか迷うところですが、まずは自分の食生活の見直しをすることから始めた方が良いでしょう。

というのも、きちんとビタミンBを普段の食事で摂取していることに気付かず、ビタミンB2をメインに配合したサプリメントを飲み続けたらどうなるでしょうか。

ただでさえ足りているのに、さらに水溶性ビタミンのビタミンBを余分に摂取しても、必要ない分は排出されてしまうので意味がありません。

また、ニキビケアだけでなくエイジングケアにも良いからとビタミンEを食事とサプリメントで過剰に摂取すると、吐き気や下痢、筋力の低下や骨粗しょう症のリスクを招くことも知られています。

このようにサプリメントを摂取するときには、まずは自分の食生活がどのようになっているかをチェックすることから始めた方が安心です。
そのうえで不足している成分をサプリメントで摂取すれば非常に効果的といえます。

「ニキビ用のサプリメントだから」と安易にサプリメントを購入して飲むことで、逆に自分の健康に悪影響を及ぼしたり、無駄に排出してしまってお金を無駄に使ってしまうことのないようにしてください。

まとめ

栄養バランスの取れた食事を摂ることが最も望ましい内側からのニキビケアですが、忙しい方は上手にサプリメントを取り入れることでニキビ改善を図ることも有効な方法です。

しかし、サプリメントは薬ではないので、飲んだら劇的にニキビが治ったということはありえません。
過度な期待はせず、続けることで少しずつニキビの原因を改善していき、ニキビができにくい肌にしていってくれるサポート的なものだと考えるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。