目立って困るニキビの赤みを抑えるナイショの裏技!

赤く炎症したニキビは目立つ上に痛い「赤ニキビ」はニキビの中でも特に嫌な存在ですね。
しかし、ニキビを原因とした赤みは、「赤ニキビ」だけでなく「ニキビ跡」であることも。

人目に突きやすい目立つニキビの赤みの原因、そしてその赤みを抑える裏技をご紹介します。

「赤ニキビ」と「ニキビ跡」

100308

ニキビは症状とともに見た目や状態が変化していきます。

毛穴に皮脂等が詰まることでできる「白ニキビ」。そして詰まった皮脂が押し上げられ毛穴が開いて空気に触れて酸化して黒く見える「黒ニキビ」。さらにその皮脂をゴチソウにして常在菌のアクネ菌等が繁殖して炎症を起こした状態が「赤ニキビ」です。

また「ニキビ跡」も赤くなった状態で目立つもの。
この「ニキビ跡」は、赤ニキビのように膨らんで熱を持っているわけではないけれど、赤みだけが肌に残っている状態です。
いわばニキビの後遺症で、周辺の血液の流れが停滞しているだけなのですが、元の状態に戻るにはそのままではかなり時間がかかる厄介な存在です。

絶対にしてはいけないNG行為

目立つ「赤ニキビ」が気になって、ついつい潰してしまいたくなる衝動に襲われることも多々あることでしょう。
しかし、それだけは絶対にやってはいけないNG行為です。
肌が傷つけられるとさらに進行して色素沈着を起こしてしまう、治っても凸凹したクレーター状のニキビ跡が残ってしまうなど、大きなダメージを与えてしまいます。

また、「赤ニキビ」や「ニキビ跡」を隠そうとして、メイクで重ね塗りをすることもNG。
とくに「赤ニキビ」はメイクでさえ刺激となり、さらに炎症をひどくしてしまいます。
炎症している場所は、ケア以外では極力触らないようにするのが鉄則です。

ニキビ跡に効果テキメン!ビタミンC誘導体ってどういうもの?【関連記事】

赤みを抑える方法・裏技

089293

炎症状態をおさえるためには、殺菌や消炎の効果があるアイテムを使うことが効果的です。
市販のスキンケアアイテムでも消炎効果や殺菌効果のある成分を含んだ商品が多数出ているので、炎症が気になる部分はそういったアイテムを部分使いすると良いでしょう。
油分の多いアイテムはアクネ菌のエサになるので避けるようにすることもお忘れなく。

裏技として、目薬を赤ニキビに使う方法があります。
充血を抑える目薬は、殺菌効果と炎症抑制効果のある成分が配合されているため、直接炎症が酷いニキビにつけることで外側から赤みを抑えるための応急処置として行っている方が多いようです。
その方法もとても簡単です。
綿棒の先に目薬を付け、赤ニキビにつけるだけ。
体質や状態によっても効果は異なるので、まず軽く試してみてから行うようにしましょう。

また緑茶パックもオススメ。
殺菌力の高いカテキンと抗酸化力の高いポリフェノールを含んだ緑茶の粉と小麦粉を混ぜたペーストを炎症を起こしている部分につけてパックにして使う方法です。

乾いてきたら丁寧に洗い流し、しっかり保湿しましょう。

ほかにもターンオーバーを整えるために良質な睡眠をしっかりとることも大事。
良質な睡眠は自律神経を整え、成長ホルモンの分泌を活発にすると同時に、体の自然治癒力を高めるためにも欠かせません。

また、食事でも抗酸化作用が強く活性酸素を除去する効果のあるビタミンCもおすすめ。
フルーツなどを積極的に摂るようにすると、体の内側から炎症をおさえ、お肌の赤みを抑えることができますよ。

ほかにも皮脂の分泌を抑制するビタミンB2ビタミンB6、新陳代謝を促すビタミンEもおすすめ。
同時に、ニキビを悪化させる糖分の多い食べ物や刺激物、アルコールは避けるようにしましょう。

さらに、ターンオーバーを促すために運動をすることも重要です。
体を動かし汗をかくことで、自然と体内にある毒素の排出が促されますし、新陳代謝も活発になっていきます。

まとめ

目立つ赤ニキビやニキビ跡は、なんとかしてすぐに治したい・隠したい!と思うものですね。
ニキビの赤みを抑える上記の方法をぜひ実践し、赤みの無い美しい素肌に近づけてくださいね。

コメントは受け付けていません。