脂性肌だと思っていたらインナードライ肌?ニキビの原因は肌内部の乾燥かも。

繰り返しできるニキビに、自分は脂性肌だと思っていたけれど実はインナードライ肌だったという方は少なくありません。
自分の肌質や状態をしっかり把握しておくことは、ニキビのできない美肌作りにはとても重要なポイント。
というのも、間違った認識でいることで適切なお肌ケアができないからです。

それではニキビができやすいインナードライ肌のご説明と改善方法をご紹介します。

インナードライ肌って何?

038d46f6cb2a28c8a8ad87d9e6fdde01_s

インナードライ肌は、肌の内側はセラミド等の細胞を潤す成分が不足しているのに、肌表面には皮脂が多く分泌されている状態です。
本来なら、角質層は保湿力の高いセラミド等によって潤い、しっかりと外部刺激からガードされているのですが、内側の潤いが足りないために、肌表面の皮脂が多く分泌され、見た目には脂性肌のように勘違いしてしまうのです。

ただの脂性肌と間違えやすいインナードライ肌は
 洗顔後に肌がつっぱりカサカサになる

 毛穴の開きや黒ずみが目立つ

 化粧崩れしやすい

 肌がざらざらして硬い
などの点で見分けることができます。

隠れ乾燥肌であるインナードライ肌なのに、脂性肌と勘違いして、潤いを抑えたスキンケアをしていれば、さらに角質層の潤いは失われてインナードライ化は進行。角質層内カサカサになる結果、毛穴が開きっぱなしに。そして、それを補うために過剰に分泌された皮脂が開いた毛穴に入りこみ、大人ニキビになるという悪循環を続けることになってしまいます。

インナードライ肌の改善方法

b525145521f91e654fe0a3580a444c9a_s

隠れ乾燥肌を改善するには、第一のバリアである皮脂の過剰分泌を抑えることよりも、第二のバリアであるセラミド等の細胞間脂質を補給して角質層内が潤うようにすることが大事です。

セラミドを直接供給

まず洗顔後につける化粧水はセラミド入りの保湿メインのアイテムを使うようにしましょう。
セラミドと一言でいってもいろんな種類があるのですが、肌馴染みや肌の吸収率を考えて人の肌のセラミドに最も近いセラミドを選ぶのがポイント。
動物由来の天然セラミドや、酵母を利用して生成されたヒト型セラミドを選ぶようにしましょう。

ニキビや肌荒れを防ぐにはセラミドによる保湿がオススメ!【関連記事】

睡眠をたっぷりとる

もう一つ有効なのが、睡眠をたっぷりとる方法です。
「そんなことで?」と不安に思う方もいらっしゃるでしょう。
しかし、お肌にとっても睡眠は非常に重要な働きをするのです。
睡眠中には、セラミドがたくさん作られるだけでなく、成長ホルモンも活発に分泌されます。
この成長ホルモンは、肌の補修やターンオーバーの正常化などの働きもするため、水分量が減ったインナードライ肌の肌質改善にも大いに役立つのです。

ただ、むやみに横になればよいわけではありません。
しっかりと体を休ませることで、より成長ホルモンの分泌が盛んになります。
寝る前にテレビやパソコン、ゲームなどをしていると刺激でそのまま横になっても良質な睡眠がとれないことも多いため、寝る前には読書をするなどゆっくりと時間を過ごすなどの工夫も大事。
寝室には間接照明を置く、落ち着くアロマを焚くなど、リラックスできる空間作りをするのも効果的です。

このように、角質層内がしっかり潤うことによって、徐々に皮脂の過剰分泌も押さえられ、適度な皮脂分泌になっていくはずです。
インナードライが改善されればターンオーバーも正常化し、毛穴に多少汚れや皮脂が詰まってもスムーズに排出されてニキビもできにくい肌になっていきますよ。

まとめ

いつもお肌がベタベタしている、すぐに化粧崩れするという方は、もしかしたらインナードライ肌かもしれません。
インナードライ肌は、ニキビもできやすい状態なので、すぐに角質層の潤いを与えるスキンケアを行うことが大事です。
まずは自分の肌質をしっかり把握することが大事。
もしインナードライ肌でしたら、すぐにセラミドケア等の肌の内側のケアを始めましょう。

コメントは受け付けていません。