ニキビができにくい肌にしてくれる!美肌を作る酵素洗顔の方法!

ニキビの原因は毛穴に皮脂が詰まってしまうこと。
それなら毛穴に皮脂が詰まらないようなお手入れをすれば誰でもニキビを防ぐことができるはず。

ニキビができないお手入れの一つとして注目を集めているのが、酵素洗顔というものです。

酵素洗顔ってなに?

100303

酵素というと人間が生きていく上で重要な働きをすることはよく知られていますね。
消化や代謝はもちろん、排泄や輸送など人間の体の中で触媒として働いています。

最近では酵素ダイエットや酵素サプリなど様々な酵素を利用した健康法や美容法が人気ですが、酵素洗顔もその一つ。

酵素洗顔はその名の通り、酵素を使って洗顔する方法です。
洗顔に酵素を使うことで、お肌に残っている古い角質や余分な皮脂などの分解を助け、毛穴の塞ぎを防ぐことができます。
また、肌表面を覆っていた古い角質も取り除けるので、くすみ肌をクリアにする面でもうれしい働きをしてくれますよ。

また酵素の働きはそれだけではありません。
角質や角栓、皮脂のつまりや汚れなどはターンオーバーさえしっかりしていれば、自然と排出されていくものです。
しかしストレスや生活習慣、加齢などによってターンオーバーが乱れることで、排出がうまくいかずにニキビができやすい肌環境になってしまっています。
しかし酵素洗顔で肌表面を覆っていた古い角質を取り除けば必然的にその下の新しい皮膚が現れることになり、次第にターンオーバーを正常に戻してくれる働きもあるのです。

酵素洗顔のやり方

100304

酵素洗顔の方法をご紹介します。

 洗顔する前に手をしっかり洗っておきましょう。

 まずはぬるま湯で顔を軽くすすぎ洗いします。熱いお湯はシワの元となるのでぬるま湯で。

 ふんわりと泡立てた洗顔剤をTゾーン→頬→顔全体の順につけて、こすらないようにマッサージしながら優しく洗顔します。

パパイヤの実から抽出された天然植物性「パパイン」パイナップルの実から抽出された天然植物性の酵素「パイン酵素」などを使った酵素入り洗顔剤を使う場合、パウダータイプなので慣れるまでは少々戸惑うかもしれません。
使い慣れていない場合は、しっかり泡立てるために水で濡らした泡立てネットを使ってクリームのように泡立てると良いでしょう。
目元や口のまわりなど皮膚が薄い場所は手早く行ってください。

ニキビができにくい肌に近づけてくれるピーリング石鹸とは?【関連記事】

ぬるま湯で丁寧に洗い流しましょう

洗い流すときもゴシゴシは厳禁。顔にぬるま湯をあてる感じでしっかり洗い流します。

その後は清潔なタオルで肌をこすらず当てるようにして水分を吸い取らせれば完了です。

酵素洗顔をした後は、古い角質などとともに皮脂もある程度取れていて、いわば肌のバリアが薄まった無防備な状態です。
皮膚が敏感になっているのですぐに低刺激の化粧水や美容液、乳液などのスキンケアを行いましょう。ほったらかしは厳禁ですよ。

また初めて酵素洗顔を行うなら、朝よりも夜がオススメ
朝に比べて夜の方が皮脂分泌が多い上に、新陳代謝が活発になり成長ホルモンもたくさん分泌されるので、より高い効果を得ることができるでしょう。

ニキビ肌のための化粧水選び!あなたに合うタイプはしっとり?さっぱり?【関連記事】

酵素洗顔の注意

100308

このように酵素入りの洗顔剤で洗顔することは、肌にとってはプラスであることが多いのですが、注意も必要です。

まず、白ニキビなどまだニキビの初期段階の場合には、酵素洗顔をしてもそれほど肌にダメージを与えることはありません。
ただ、アクネ菌等の繁殖で炎症を起こしている赤ニキビや、それがさらに進行して膿を持った黄ニキビには刺激が少々強すぎ顔に赤ニキビや黄ニキビなどができているときは使用は控えた方が良いでしょう。

また、酵素が顔表面の角質などを分解するため、酵素洗顔をしたあとは肌が敏感になることもあります。
もともと敏感肌の方やゆらぎ肌、乾燥肌の方は、まず一度ニキビの無い部分で軽く試してみて、肌への刺激の程度を確かめてから行うようにしましょう。

肌がきれいになる、すっきりするからと酵素洗顔を毎日行うこともやめてください。
正常なターンオーバーを促すつもりが、毎回行うことで逆にターンオーバーを早めすぎてしまうことになってしまいます。
目安としては一週間に一回程度で十分ニキビ予防になりますよ。

まとめ

丁寧にケアしているつもりなのに、知らない間に毛穴に皮脂が詰まってニキビができてしまう、くすみや黒ずみが改善されないと言う方は、古い角質や余分な皮脂を手軽に取り除ける酵素洗顔をオススメします。

しかし、通常の洗顔剤を使う洗顔に比べて角栓や角質・皮脂の除去力が高いので週に一度程度に留めるのが、お肌にとってストレスを与えることなく、ニキビができにくい肌作りにつながるやり方ですよ。

コメントは受け付けていません。