ニキビ肌にはどんなメイクがオススメ?押さえておきたいメイクのポイント3つ!

お肌にぽつっとニキビができてしまったとき、メイクをしなくてもいいなら当然しないに越したことはありません。
メイクそのものがニキビに悪いと言う点だけでなく、メイクをするときにニキビを触ることで不用意に刺激を与え、炎症や化膿を進行させてしまうリスクが高くなるからです。

しかし、ニキビがあろうがなかろうが化粧をしないという選択肢はない!という方は、極力ニキビを刺激しないメイクをすることが大事。

それではニキビができてしまったときに負担を掛けないメイクの方法を見ていきましょう。

ニキビ部分に下地は使わない

943ecbcf0e4c318af7b439d6f3fb5e0d_s

化粧下地は凸凹の無いツヤ肌作りと化粧持ちの点から欠かせないアイテム。
しかし、油分が多いため、ニキビができている肌には大いにマイナスとなります。

ニキビができていない部分には通常通りに化粧下地は使っても良いのですが、ニキビができている部分に化粧下地は使わないほうが無難。

その部分だけムラができてしまうと心配する必要はありません。
ニキビの部分には炎症をおさえる効果のある化粧水と美容液をつけておき、ファンデーションで軽くおさえるだけで色ムラが出ないようにすることができます。

またコンシーラーも油分が多いので、ニキビを隠すために使うのも厳禁。
その場はある程度隠すことができるかもしれまんが、それは自らニキビをさらに進行させているのと同じこと。

ニキビができる→コンシーラーで隠す→ニキビが酷くなる→さらにコンシーラーを重ね塗り・・・という悪循環を生むだけなのでやめましょう。

ファンデーション選び

4c8e21b0a0e255732c5541f8d08d8d9c_s

ニキビができているとき、また肌荒れやニキビができやすい生理前や調子が悪い時などは、いつもと同じファンデーションを使うのはやめた方が無難です。

こすることで肌を刺激するリキッドファンデーションは、そのものがかなりの油分を含んでいるためニキビ肌向きではありません。
また防腐剤や香料など肌を刺激する成分が入っており、肌の調子の悪さをさらに悪化させてしまうので危険。

おすすめはお肌に優しいミネラルファンデーションです。
様々なミネラルファンデーションが発売されていますが、なかにはミネラル以外のものも配合している製品もあるので、成分表示をチェックして選ぶようにしましょう。

塗り方はブラシでサッサッと上に乗せていくように置いていくのがポイントです。

ニキビが悪化するかも!そのファンデーションは肌にやさしい?【関連記事】

ポイントメイクを重点的に

436590073d5d0e8de52509307382662d_s

ニキビができているときは、ポイントメイクを少々念入りに行うのがおすすめ。

目や唇の部分にはニキビは出来ないので、ベースメイクを抑えた分、目元や口元をはっきりさせることでそちらに注目させ、ニキビを目立たなくする効果が高くなります。

ポイントメイクにツヤ感を出すとさらに良いですよ。

ほかにも、ニキビがあると心理的に隠したくてうつむきがちになったり、髪の毛を下ろしておきたくなる点にも注意が必要です。
うつむきがちになり、髪の毛が顔に当たることで新たなニキビの元になりますし、すでにできているニキビを刺激して悪化させてしまうことも考えられます。

そんな場合は、発想の転換が有効。
敢えて顔を出すようにして、普段と異なるヘアピンやゴムを使ったり、今までチャレンジしたことが無いヘアアレンジをしてみるなど、雰囲気をガラッと変えてみると良いでしょう。

いつもと違うヘアスタイルにするだけでも視線はそちらに集まるので、顔にできたニキビも目立たなくなります。

まとめ

仕事にはメイクが欠かせないという女性にとっては特に顔にできてしまったニキビとどう付き合っていこうと悩むことも多いことでしょう。

しかし、下手に隠すよりも、上手に他に視線を持っていき、メイクでニキビを刺激しないようにするほうが賢い作戦です。
ニキビがあることで新たなヘアアレンジやメイクに挑戦したら、今まで気づかなかった新しい自分の魅力を発見できるかもしれません。
ポジティブ&前向きに考えて、ニキビを悪化させないメイクで毎日を楽しく過ごすこともニキビの改善には有効ですよ。

コメントは受け付けていません。