恥ずかしいから見ないで!ポツポツ目立つ鼻ニキビの原因と対策方法

顔の中心にある鼻。
その鼻に、白や黒、赤のニキビがポツポツできていると非常に目立つ上に不潔な感じがして、せっかくのメイクやファッションのおしゃれも台無しにしてしまいますね。

また鼻ニキビができるとスキンケアやメイクをするのにも非常に気を遣うなどストレスも大。鼻ニキビは一度できると悪化させてしまいやすいのも注意したい点です。

そんな迷惑な鼻のニキビの原因と対策方法を見ていきましょう。

鼻ニキビはなぜできるの?

7f64a74ed8c459f1108c12ada55dc2b0_s

暑くなると鼻の頭や小鼻に汗をかく人が多いことからもわかるように、鼻は顔のパーツの中でも特に毛穴が多く、一つ一つが大きく深くなっています。

さらに皮脂腺も皮脂量も多くて、汚れや皮脂が溜まりやすい場所。
ということは、皮脂が過剰に分泌されたり清潔に保っていないとすぐに毛穴がふさがれてニキビができやすい場所であることは明らか。

そんなニキビ多発ポイントである鼻は、顔の中でも最も高いので紫外線の刺激を受けやすい上に、汗でせっかく塗った日焼け止めも落ちやすくなっているのも問題。

また、ばい菌のついた手で触ったり、テカリを抑えるためにファンデーションを何度も塗ったりすることでさらに毛穴が詰まりやすくなっています。

その結果、ニキビの第一段階である白ニキビが発生し、それを隠すためにさらにファンデーションの厚塗りをすることでさらにつまりが酷くなって空気に触れる部分が酸化して黒ニキビに。

それをまたカバーしようとすることで炎症して赤ニキビに・・・とどんどん負の流れを作ってしまいやすいのも鼻に出来たニキビの宿命と言っても過言ではありません。

また皮脂のつまりをとるために、無理やり皮脂を取るシートを使ったりすることで、肌をダメージから守る必要な皮脂まで取り除いてしまい、それを補うためにさらに過剰に皮脂が分泌されるという悪いサイクルも出来がち。
同時に、毛穴を無理やり開いてしまうのでさらに皮脂や汚れが詰まりやすくなるなど、鼻は適切なケアをしないとどんどんニキビができやすく悪化させやすい場所になってしまうのです。

鼻ニキビを防ぐには

084162

もともと皮脂の分泌が多い鼻ですが、毛穴もその分しっかりしているので、適切な皮脂量で清潔に保っておけばニキビはできないものです。

しかし、思春期の頃は活発な成長ホルモンの分泌や性ホルモンの分泌によって、そして大人になってからはホルモンバランスの乱れや食生活・生活習慣の乱れや間違ったスキンケア・メイクなどによって、皮脂が過剰分泌されることでニキビができやすくなります。

それを防ぐには、やはり栄養バランスの取れた食事と規則正しい生活、そして正しいスキンケアが不可欠。

まず栄養バランスについては、ビタミンやミネラル、食物繊維をバランスよく摂ることが大事です。
特に大人の場合はこってりとした脂っぽい食事や甘い食べ物を避けるようにしましょう。

また、睡眠不足はお肌の生まれ変わりを促す成長ホルモンの分泌を減らしてしまうので要注意。
可能な限り、良質な睡眠を取ることができるよう調整しましょう。くれぐれも夜更かししてゲームなどしないように。

意外と多くの大人の女性ができていないのが正しいスキンケアです。

テカる顔をさっぱりさせたくて、洗浄力の強い洗顔剤を使っている方はすぐに中止してください。
必要な皮脂まで奪う→補うためにさらに皮脂分泌が増えるの悪循環を作っています。

弱酸性で低刺激の肌に優しい洗顔剤を丁寧に泡立てて、顔を撫でるように優しく洗うだけで十分余分な皮脂や汚れを取り除くことができますよ。

洗い流すときは、皮脂を溶かしてしまう熱いお湯ではなく、ぬるま湯でしっかり行いましょう。
そして清潔なタオルで肌を抑えるように水分を吸収させた後、お肌に合った化粧水等で丁寧にスキンケアすれば、自然と皮脂の過剰分泌も抑えられ、毛穴に詰まってニキビを発生させることも抑えられていくはずです。

また、角栓取りシートなどは肌や毛穴を傷つけるだけなので使わないようにしてください。

ニキビ肌に固形石鹸が選ばれる理由とおすすめの石鹸洗顔料TOP2【関連記事】

ニキビ肌のための化粧水選び!あなたに合うタイプはしっとり?さっぱり?【関連記事】

まとめ

出来てしまえば非常に気になる鼻ニキビ。それを隠そうとあれこれすることでさらに刺激して悪化させてしまうので要注意です。

しかし鼻ニキビは適切なケアとただしい生活や食事さえしていれば徐々にできなくなってくるもの。比較的直しやすいニキビといっても過言ではありません。

なんども鼻ニキビができると言う方はぜひ上記の対処法をお試しください。

コメントは受け付けていません。