しつこい大人ニキビも低用量ピルで改善!ピルの使い方と効果をご紹介。

丁寧なスキンケア、生活習慣や食事の改善などニキビ改善に良いと言われることは全てやったのに、それでもニキビが治らず、ほとほと困っている・・・という方におすすめなのが低用量ピルです。

ピルと聞くと避妊用の使用を思い浮かべる方も多いでしょうが、ほかにもつらいPMSや生理痛、生理不順を改善する働きなどもある上に、大人ニキビを改善する働きもあるのをご存知ですか?

ピルというとちょっと怖いという方も、今では低用量ピルがあるので大丈夫。
自分の体質とあえば、ホルモンバランスが原因でできる大人ニキビの改善にも非常に役に立ちます。

それでは低用量ピルとニキビについてみていきましょう。

女性の強い味方 低用量ピル

2f69bdbb404de4b0ffbd1254f05c8d47_s

ピルというと、太りやすいなどの副作用があるのでは?と悪いイメージを持っている方もいますね。
しかし、低用量ピルならば副作用をほぼ気にすることなくホルモンが関係する様々なトラブルの改善に役立ちます。

低用量ピルは、女性ホルモンを補い、生理前に活性化する男性ホルモンを抑える働きをします。

生理前になるとだるい、イライラする、眠くなるなど心身ともに起こる不調のPMS(月経前症候群)や、生理中におなかが痛くなる、頭痛がするなどの月経困難症(生理痛)、定期的に生理が来ないという生理不順なども女性ホルモンバランスの乱れや、男性ホルモンによって引き起こされる症状です。

中でも、皮脂分泌を促す男性ホルモンの活性は非常に厄介。お肌の皮脂を過剰に分泌させて毛穴を詰まりやすくさせて、大人ニキビを発生しやすくさせてしまいます。

そんな迷惑な男性ホルモンを抑え、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンを少量含む低用量ピルを使用することでニキビをはじめとした様々なトラブルを改善できるのです。

とくにエストロゲンは「美肌ホルモン」と言われるほど、皮脂の分泌をおさえて美しい肌作りに重要な働きをするホルモン。そのエストロゲンが入った低用量ピルを補うことで肌荒れ等も少なくなります。

出産後の肌荒れがつらい!そんな産後ニキビの改善方法を紹介します。【関連記事】

どうやって飲めばよいの?その効果は?

084162

ピルは市販されておらず、医師の処方箋が必要です。
何をやっても大人ニキビが改善されないので低用量ピルを使用したいという場合は、婦人科や内科等にご相談ください。

低用量ピルも様々ありますが、その症状や状態に合わせて、最適なものを処方されるはずです。

飲み方は、毎日同じ時間に飲むようにすることがポイント。

また低用量ピルは保険適用外です。しかし、生理のたびに辛い思いをしている方や、高いスキンケアアイテムやサプリメントの使用、ニキビ治療を受けることを考えれば決して高い費用ではありません。

早い人では一ヶ月程度、遅い方でも3ヵ月程度で効果があらわれると言われています。

ニキビをそのままにしないで!皮膚科の治療はどんなものがあるの?【関連記事】

低用量ピルの副作用は?

de5e00acccfd9ba43d90c3a73454051b_s

低用量であっても、外からエストロゲンやプロゲステロンを加えることで一時的にホルモンバランスを妊娠している状態するピル。お薬なので副作用が全くないとは残念ながら言い切ることはできません。

一般的な副作用として、太る、吐き気や頭痛、倦怠感、さらには肝機能障害や静脈血栓症、心筋梗塞などの副作用があることが知られています。

また、子宮や胸などの病気がある人は服用できません。

だからこそ専門の医師にかかり、自分と処方された低用量ピルとの相性を慎重に見ながら利用することが大事です。
体調がおかしいなと思ったら、すぐに診察を受けること。そして指示された用法用量を守って服用するようにしてください。

まとめ

ホルモンバランスを整えることで、ニキビの症状の改善に役立つことも多い低用量ピルは、スキンケアや生活習慣の改善等様々なことをしてもなかなか直らなかったニキビにお困りの方の悩みを解消する一つの効果的な方法であることは間違いありません。
しかし、副作用もあるため、慎重な服用が大事。

ニキビ改善に低用量ピルを用いるときには、しっかり自分の体調の変化を見ながら行うようにしましょう。

コメントは受け付けていません。