見えないからこそキケン!背中ニキビの治し方と防ぎ方!

自分では目が届かないからこそ、友達や彼氏に指摘されて初めて気づくことも多い背中のニキビはとっても面倒な存在ですね。

背中にできるニキビはぽつぽつと赤くて目立つため、水着になる時や背中の開いた服を着るとき、温泉や旅行に行ったときなど背中を他者に見られるシーンでは恥ずかしいやらみっともないやらで気になって仕方がないもの。

そんな背中のニキビは作らないほうが良いに決まっていますね!

背中ニキビができる原因を知れば自然と治す方法も明らか。
それでは背中ニキビの治し方と防ぎ方をみていきましょう。

背中のニキビはなぜできる?

1f822a3d5e36f3233f756e5d6909ad5a_s

ニキビというと顔にできるものを最初に思い浮かべる方も多いことでしょう。
しかし、背中は意外とニキビができやすい場所。顔以外の体の中で一番ニキビができやすい部分でもあるのです。

その原因として、
 汗をかきやすい

 ムレやすい

 皮脂分泌が多い

 洗いにくい、すすぎにくい

 衣服等の摩擦が起きやすい
が挙げられます。

まず、顔や首などに汗をかいたらすぐにタオルやハンカチで拭きますし、洗顔してスキンケアを毎日行うため比較的清浄に保ちやすい部分です。
しかし、気付かないうちに背中はじんわりと汗をかいていることも多く、皮脂の分泌も多い場所。また、常に衣類を着ていることで通気性も悪く、マラセチア菌など常在菌が繁殖しやすい高温多湿の環境となっています。

また入浴した時、背中は洗いにくい部分の上に、ボディソープなどの洗い残しや、シャンプーやコンディショナーなどのすすぎ残しが溜まりやすい場所でもあります。

その結果、背中の毛穴に皮脂や汚れが溜まり、ニキビ発生!そして雑菌が増殖しやすい環境や衣類等の摩擦でさらに刺激を受けて炎症が起こり赤ニキビとなってしまうのです。

ニキビ肌に固形石鹸が選ばれる理由とおすすめの石鹸洗顔料TOP2【関連記事】

背中ニキビを改善するには?

2e8ac716e5a67106227f8ec3c2fe4896_s

ニキビの初期段階である白ニキビ(毛穴に皮脂が詰まった状態)できちんとお手入れし、清潔に保つことができれば、背中ニキビは炎症を起こすことなく次の赤ニキビに進行することはありません。

そのため、出来てしまった背中ニキビを改善するには
 汗をかいたらこまめに汗をぬぐう

 背中を優しく洗い、しっかりすすぐ

 清潔な下着や肌着、衣類を身につける
の3点を行うようにしましょう。

まず、汗をかいたら清潔なタオル等で優しく肌に充てるようにして汗を拭きます。
このとき決してゴシゴシ洗ってはいけません。

強く肌をこすることが刺激となって、さらに赤ニキビを悪化させてしまうことに。
また必要な皮脂も取り除いてしまうことで、肌が皮脂不足と勘違いしてさらに皮脂を過剰に分泌させてしまう悪循環となってしまいます。

また、入浴時には、低刺激の肌に優しい洗浄剤を泡立て、優しく洗うようにしましょう。
優しく洗うだけで汚れや余分な皮脂は十分取り除けます。

必要な皮脂まで洗い流さないよう、強い洗浄力のある洗浄剤は避けてください。
その後、洗浄剤が残らないよう、丁寧にすすぎましょう。

髪→体(背中)の順番で行うと、シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しも防げます。

入浴後は清潔なタオルで優しく背中の水分を拭き取った後、さっぱりタイプの化粧水等を軽く付けると良いでしょう。

そしてしっかり乾かしてから、清潔な肌着等を着用することが大事。
見落としがちなのがパジャマです。
一日の1/3もの時間を着用しているパジャマも清潔に保つようにしてください。

背中ニキビができないようにするには?

bedddd6cf05056bd211b18caab178d33_s

上記の方法で、かなり背中ニキビの改善はできるはずです。

ただ、ニキビができにくくするためには、生活習慣や食事・栄養バランスを整えることも重要です。
睡眠不足やストレス、疲れは自律神経やホルモンバランスを崩し、ターンオーバーを乱して、ニキビができやすい体にしてしまいます。

適度な睡眠、そして3食しっかり栄養バランスが整った食事、さらに適度な運動で体の中から背中ニキビができにくくなるよう自律することも重要ですよ。

まとめ

一度できると見えない場所だけに面倒な背中ニキビ。
しかし、発生の原因さえ改善すれば自然とニキビができにくい背中になっていきます。

ぜひ上記の方法を実践し、背中ニキビの赤いブツブツが目立つ背中から卒業し、後姿美人を目指しましょう。

コメントは受け付けていません。