あご周辺のニキビは虫歯が原因かも?

しつこく繰り返しできるあご周辺のニキビ。
悪化しやすいあごニキビは、もしかしたらお口のトラブルが原因かもしれません。

ニキビと虫歯、全く関係のないような事柄に思うものですが、実は深い関係があるんです。
いつもあご部分にニキビができては治り、治っては出来るを繰り返す人は、要注意。

それではあご周辺のニキビと虫歯についてみていきましょう。

あごのニキビと虫歯の不思議な関係

d85a98bdc54ea98bcfde855e48e954ae_s

顔にできるニキビのなかでもあご部分にできるニキビの原因として、まずホルモンバランスの乱れやストレス、睡眠不足などが考えられます。
しかし、それ以外の原因として「虫歯」で出来るあごニキビもあるのです。

虫歯が原因でニキビができると聞くと、とてもヘンな気がしますね。
しかし、人の体は全てが直接的・間接的にかかわりあい、互いに影響・作用しながら作られているのであながち不思議なことではないのです。

食べた後にちゃんと歯磨きをしなかったり、歯磨きをしていても不十分だったりすると、虫歯菌によって虫歯になります。
虫歯も初期段階で気付いてきちんと歯医者さんで治療してもらえば、あごニキビを引き起こすことはまずありません。

しかし、虫歯に気付かなかったり、気付いていても忙しくて治療することができずに進行させてしまった場合がとても危険。
他の部分に比べて毒素が排出されづらい口の中。虫歯によって化膿した部分から放出された毒素は、てっとりばやい出口を求めて歯や歯茎の上を覆う肌に現れ、その過程で毛穴を詰まらせてニキビの原因となってしまうのです。

繰り返す大人ニキビを何とかしたい!原因と予防法!【関連記事】

虫歯を原因とするニキビの対処法は?

496e94fb1ab88fa73c8d8c3d2586820b_s

虫歯を治療する

あごニキビの一番手っ取り早い対処法は、一日も早く歯医者さんに行って治療を受けることです。
虫歯は困る、ニキビもイヤだけれど、歯医者さんは怖い・・・という方も、そこは勇気をもってきちんと治療を受けましょう。

また、虫歯が痛くなってからの治療では手遅れです。
虫歯は一度できてしまえば、あとは進行するのみ。知らない間に虫歯が治っていた!ということは残念ながらありません。

また虫歯は、歯周病や口臭などの原因にもなるので、早い治療が何よりも大事。

そのため、現在自覚症状や見た目で虫歯がないから大丈夫と安心せず、定期的に歯医者さんに行って診察してもらう習慣をつけることも重要です。

そして毎日のセルフケアも丁寧に。
食事のあとは、すぐに歯磨きをすること。また、歯ブラシを使った歯磨きだけでは磨き残しがあるので、洗口剤を使うこともおすすめします。

リンパマッサージ

また、滞った毒素をスムーズに排出するために、虫歯がある場合は口まわりのリンパマッサージをすることも有効な方法です。

顔部分の老廃物や毒素は首のリンパを通って排出されます。
そのため、虫歯による毒素のスムーズな排出を促すために、口のまわりをマッサージした後で耳の下から鎖骨の端に向かって優しくなでるように手でマッサージするようにしましょう。

入浴後など血行が良くなっているときに行うとさらに効果的。マッサージオイルや化粧水などを使うと美肌作りにも役立ちますし、顔のむくみも取れるので小顔になりたい人にもおすすめです。

マスクは使わないように

a840f9326b191757bb8b0dfabcc5fa4b_s

あごニキビがあると、人に見られたくないためにマスクを使う方も多いですね。
また虫歯や歯周病など口のトラブルがある方も、口臭を防ぐためにマスクで誤魔化す方もいらっしゃいますが、これはあごニキビにとってはNG行為。

マスクの繊維があご部分を刺激するだけでなく、蒸れて雑菌が繁殖しやすくなり、あごニキビをさらに作って悪化させてしまうので避けた方が良いでしょう。

風邪やインフルエンザが流行る時期や、自分の体調が悪い時以外の使用は避けた方がキレイなあごのためには良さそうです。

まとめ

しつこくあご周辺にいつもできるニキビにお悩みの方は、生活習慣や食事の改善でも治らない場合はお口の中にニキビの原因が無いかをチェックしてみましょう。
もしかしたら、そのあごニキビの原因は虫歯から出る毒素によるものかもしれません。

美しく健康な歯は女性を美しく見せるだけでなく、きれいな肌作りに欠かせないものです。
ぜひ常にお口の中を清潔に保ち、あごニキビができることを防ぎましょう。

コメントは受け付けていません。