コーヒーはニキビに悪い!?カフェインのとり過ぎに注意!

毎日の習慣として、仕事の合間にコーヒーをたしなむ人は多いですよね。
そんな日々の楽しみであるコーヒーの飲み過ぎは、ニキビや肌荒れが起きる原因となります。

今回はコーヒーとニキビとの関係を説明していきます。

コーヒーに入っているカフェインはニキビに悪いの?

4642d78ec24848e2aef4b34e831d918f_s

コーヒーに入っているカフェインは、体内にあるビタミンを外に排出する働きを持っており、美肌にとって大切な成分であるビタミンB群やビタミンCが不足してしまいます。

すると、肌の水分バランスがおかしくなり、過剰分泌された皮脂が毛穴につまることで、アクネ菌が繁殖しやすくなるのです。
このアクネ菌はニキビのもととなるため、肌荒れがひどくなる可能性があります。

また、甘いコーヒーが好きな人は更に注意が必要です。
なぜなら、コーヒーに入れるフレッシュミルクには、ニキビができやすい脂肪分であるトランス脂肪酸が含まれているためです。

コーヒーに入れる砂糖も、皮脂の分泌を増やす働きがあり、毛穴をつまらせる原因となるので入れ過ぎには注意しましょう。
じゃあブラックコーヒーなら大丈夫なの?と考える人もいるでしょう。

ブラックコーヒーを空腹時に飲むと、刺激が強すぎて胃壁に傷をつける可能性があるため、実はあまりおすすめできません。
だからといって、コーヒーを我慢することそのものがストレスになると、肌荒れを起こすこともあります。

だいたい一日3杯程度、食事の後にゆっくりと飲む程度であれば、そこまで胃に負担をかける心配はありません。

ニキビに悪いだけじゃない!コーヒーを飲むメリットは?

07274acc5b54f0b2a3e30e458fe0541b_s

ニキビを悪化させるコーヒーですが、適量を守れば体にとって良薬になります。

集中力がアップする

コーヒーに入っているカフェインには「覚醒作用」があります。
そのため、寝起きや仕事の合間などにコーヒーを飲むことで、頭をすっきりさせてくれます。

脳が覚醒すると集中力がアップするので、作業効率が上がったり、眠気を取り除くことができます。

シミができにくくなる

適度にコーヒーを飲むことで肌のシミを薄くする効果があります。
コーヒーに含まれる「コーヒーポリフェノール」は、とても強力な抗酸化作用を持っています。

この抗酸化作用は、シミの原因となるメラニン色素による色素沈着を防ぐ働きがあるのです。
実際に、コーヒーを飲む習慣がある女性の方が、飲まない女性よりもシミが少ないという研究結果が以前紹介されました。

美白ケアをしてニキビ跡【シミ】を薄くする方法!!【関連記事】

疲れが溜まりにくくなる

コーヒーに入っているカフェインは、筋肉の活動を活性化させるという働きもあります。
普段よりも運動能力が向上するため、疲れが溜まりにくくなるのです。

適度なカフェインは頭をすっきりさせるだけでなく、このように体にとっても良い働きがあるのです。

どうしてもコーヒーが飲みたくなったらカフェインレスがおすすめ!

713703d0d85617893a919e81e84c852d_s

毎日のコーヒーが習慣になっていて、つい何杯も飲んでしまう…。
そんな人はノンカフェインやカフェインレスのコーヒーがおすすめです。

カフェインレスコーヒーは、カフェイン残留率が0.05%と非常に低いため、体内への影響が少ないです。
味も通常のコーヒーとそこまで違いがあるわけでもないので、味にこだわりが強い人でなければ美味しく飲むことができるでしょう。

また、妊娠中のカフェインは胎児に影響を与える可能性があるため、控えている人が多いですが、カフェインレスやノンカフェインのものを選べば問題ありません。

好きなものを我慢しすぎたことがきっかけで、ニキビが悪化してしまっては元も子もありません。
空腹時を避けて一日に3杯程度、もしそれ以上飲みたくなってしまったらカフェインが少ないコーヒーを飲むことをおすすめします。
カフェインと上手に付き合って、繰り返すニキビを改善していきましょう。

コメントは受け付けていません。