出産後の肌荒れがつらい!そんな産後ニキビの改善方法を紹介します!

女性にとって人生最大の大仕事である出産は、大変なこともありますが喜びも大きい出来事です。

特に新生児期は毎日3時間おきの授乳におむつ替えや寝かしつけなど、新人ママは赤ちゃんのお世話に忙しく、まともに睡眠をとる時間もありませんよね。

実は、女性は出産をするとホルモンバランスの影響で、体にさまざまな変化が起きます。
その中でも多くのママが悩んでいるのが、産後の肌荒れです。

出産後に肌荒れが起きるのはどうして?

gahag-0001875665

妊娠中の女性の体は、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンの分泌が活発になります。
しかし、産後はこれらのホルモンが急激に減っていくため、体内のホルモンバランスがしばらくの間崩れてしまいます。

すると、お肌のターンオーバーがうまくいかなくなり、古い角質がうまくはがれなかったり、肌のバリア機能が下がるために大人ニキビができやすくなるのです。

特に母乳で赤ちゃんを育てているママは、体内の水分や栄養が母乳の生成に使われるため、便秘になりやすいです。

便秘によって体内に老廃物がたまると肌荒れの原因となるため、ニキビの症状が慢性化してしまい、完治に時間がかかることがあるので、悩んでいるママはニキビの改善方法を試してみましょう。

2016-03-06_071825

>>ORBISクリアトライアルセット<<

出産後ニキビや肌荒れに効く改善方法って?

gahag-0015577149

基本的に産後のホルモンバランスが原因でできたニキビや肌荒れは、生理の再開をきっかけにおさまっていく場合が多いです。

しかし、生理の再開は人それぞれであり、母乳育児をしているママは生理の再開まで1年以上かかってしまう人もいます。
それでは、具体的にどのようなニキビ改善方法があるのか、紹介いたします。

生理前、生理中にニキビができる原因は女性ホルモンが関係?今日から始めるニキビ予防【関連記事】

①できるだけ睡眠時間を多くとる

これは頭ではわかっていても、赤ちゃんを抱えたママにとっては難しいことですよね。
睡眠は自律神経を整え、ストレスが溜まった体を癒す働きがあります。

可能であれば、一日に最低6時間、新しい皮膚を作るための成長ホルモンが分泌される夜22~2時の間に眠りにつくようにしましょう。
肌荒れを悪化させないために、旦那さんや家族から協力をしてもらい、疲れた体をゆっくり休ませる時間が必要です。

②ホルモンバランスを整える食品をとる

体重管理や食事制限が続く妊娠中から解放されると、ついついこれまで我慢していた食欲が爆発し、暴飲暴食に走ってしまうママも多いです。

しかし、脂質や糖質が多い食べ物をとりすぎると、肌荒れがひどくなるだけでなく、母乳の質の低下にもつながってしまいます。
そのため、ホルモンバランスを整える食品を意識してとるように心がけましょう。

 大豆イソフラボン

大豆は、女性ホルモンであるエストロゲンと似たような働きがあるイソフラボンが豊富に含まれています。

産後の女性ホルモンが低下している時期にイソフラボンを摂取することで、女性ホルモンを正常な状態に戻してくれます。

具体的には、一日に納豆を1パック、豆腐を半丁ほどの摂取量がおすすめです。

 ビタミン類

お肌の健康を保つために役立つビタミン類ですが、特にビタミンB6やビタミンEは女性ホルモンの分泌を促進します。
ビタミンB6は、鶏肉やレバー、マグロなどの赤身魚。

ビタミンEは、アボカド、カボチャ、ピーナッツなどの豆類に多く含まれています。

産後の肌に合った基礎化粧品を選びましょう!

e430a009a11cee3ad63882a5f98fc4e7_s

ニキビケアに欠かせない基礎化粧品は、出産をきっかけに、これまで使っていたものが肌に合わなくなる可能性があります。

産後は肌のバリア機能が落ちているため、ちょっとの刺激で肌荒れを起こしてしまいます。
そのため、できるだけ刺激の少ない化粧品でケアするようにしましょう。

また、肌が乾燥しやすくなっているため、保湿成分が含まれたスキンケア製品を使うことをおすすめします。

このように、毎日の育児でストレスや疲れがたまっているママはどうしてもスキンケアは二の次になってしまいます。
しかし、たまには自分の体をいたわって、きちんと肌をケアしてあげることも大切です。

コメントは受け付けていません。