ニキビへの影響が心配!タバコって肌トラブルの原因になる?

繰り返しやすい大人ニキビが出来る原因は、ストレスや生活習慣などさまざまなものがあります。
その中でも百害あって一利なしと言われるタバコは、私たちの体に健康被害を及ぼす嗜好品のひとつです。

タバコを吸うことで起こるニキビへの影響は、一体どのようなものがあるのでしょうか?

こんなにたくさん!タバコの有害物質が与えるニキビへの影響

a8101ddbf2c059d04412134052b34c48_s

タバコに含まれるニコチン

喫煙すると、タバコに含まれるニコチンが肺に取り込まれ、血管の中を通じて全身へと回っていきます。
すると、毛細血管が縮まり血液が体の隅々まで行き渡らなくなるため、体に必要な酸素や栄養素を十分に取り込むことができなくなってしまいます。

そして、毛細血管の収縮により血流が悪くなると、皮膚の栄養状態が悪化するためお肌のターンオーバーがうまくいかなくなり、シミやソバカス、ニキビなどの肌トラブルの原因となります。

タバコはビタミンCを破壊する

コラーゲンの生成を促進するなど、ニキビケアに重要な成分であるビタミンCですが、タバコを吸うことで大量に消費されてしまいます。
ビタミンCが体内から不足すると、皮脂の分泌調整がうまくいかなくなり、抗炎症作用も低下します。

そのため、ニキビが化膿しやすくなって赤みがとれなくなったり、クレーターのような跡が残ってしまったりと、肌に傷をつけることになるのです。

また、コラーゲンは肌の弾力やハリを保つ役割がありますが、タバコによって生成が間に合わなくなると、シワやたるみなどの老化症状が進行し、実年齢よりも老けて見られる可能性があるでしょう。

ビタミンCがニキビに良いって本当?ビタミンCの5つの働きとは!【関連記事】

胃腸が荒れてしまう

タバコを繰り返し吸っていると、消化不良や便秘といった胃腸障害に悩まされることが多いです。
腸内環境が悪化すると、口まわりにたくさんのニキビができてしまいます。

タバコの煙の悪影響

タバコから出る煙そのものも、体にとって有害な成分を多く含んでいるため、煙が皮膚に触れることで刺激となり、ニキビができる原因となります。

肌の表面に付着した有害物質を取り除くには、きちんとお肌をクレンジングするようにしましょう。

また、タバコの煙から出る一酸化炭素は、体の酸素の運搬を妨げ、肌が酸欠状態になってしまうため代謝が行われなくなり、乾燥などの肌トラブルが起こりやすいです。

つまり、タバコを吸わない人であっても、家族や職場に喫煙者がいるのであれば、肌に副流煙による影響を受けているのです。

禁煙したらニキビが増えちゃった!?

32dc50333c14cf80b05b134540f087b4_s

体によくないからとタバコを思い切って禁煙したところ、何日が経って一気にニキビが増えてしまったという症状を訴える人がいます。

実は、このニキビは「禁煙ニキビ」というもので、体内の自浄作用が働き、これまで溜まっていた有害物質を排出しようとして起こる症状です。

禁煙ニキビであれば、大体一か月程度で収まることが多いですが、いつまでもニキビが消えず症状が改善しない場合は、禁煙によるストレスが原因のニキビかもしれません。

喫煙者ができるニキビケアってあるの?

7d43a0ada1c2f41f48fbdcd8424ba7c1_s

大人ニキビを治したいと思ったら、禁煙が一番の近道です。
しかし、長年喫煙を続けていると、すっぱりとニコチン断ちすることはなかなか難しいですよね。

まずは一気にやめるのではなく、一日の喫煙量を徐々に減らして、できるだけストレスをためないようにすることが大切です。
そして、アスパラガスはニコチンの毒性を無効にする働きがあるため、積極的に食事メニューに取り入れましょう。

喫煙によって破壊されたビタミンCは、レモンやブロッコリーといった緑黄色野菜に多く含まれています。
しかし、これは一時しのぎでしかないため、本当に肌質を改善したいと考えるならば、禁断症状を乗り越え、禁煙を成功させるしかありません。
今なら禁煙外来を設けている病院も増えているため、自力で禁煙が難しいようであれば、専門医による治療を受けることも必要となるでしょう。

タバコはニキビへの影響だけに留まらず、動脈硬化や肺がんなど健康を害する原因にもなります。
美肌のため、健康維持のため、万病のもとであるタバコを、少しずつでも控えていってみましょう。

コメントは受け付けていません。