ニキビ跡に効果テキメン!ビタミンC誘導体ってどういうもの?

しつこく繰り返す大人ニキビや、なかなか消えないニキビ跡は女性にとって悩みの種ですよね。
そんなつらいニキビケアにおすすめしたい成分が「ビタミンC誘導体」です。
この「ビタミンC誘導体」とは、その名の通りビタミンCの浸透を手助けしてくれる成分です。

ビタミンCがニキビ対策に優れている理由

906d18ae110af7fbdf9a86894fd7d7a0_s

抗酸化作用によるアンチエイジング

ビタミンCに含まれる抗酸化作用が、ニキビができる原因となる活性酵素を防ぎます。
また、皮膚の細胞老化を抑制するため、アンチエイジングとしても効果があります。

色素沈着のもとになるメラニン色素を抑制する

紫外線や加齢などによってできたシミを薄くします。
メラニンの生成を防ぎ、ビタミンEと合成することで、肌の新陳代謝が高まるため、きめ細かい透明感のある肌を作ります。

健康的な肌に必要なハリ・ツヤのもとであるコラーゲンの生成を手助けする

健康的な肌に欠かせないコラーゲンが不足すると、シワやたるみができる原因となります。
コラーゲンの生成を手助けしてくれるビタミンCは、肌の若返りをサポートする成分でもあります。

このように、ビタミンCはニキビを治すために重要な成分ではありますが、実はとても酸化しやすいため肌に浸透しにくいという性質があります。

それにくらべ、ビタミンC誘導体は角質層の深くまで浸透し、その後に起きる酸素反応によってビタミンCに変化するという性質を持っています。

そのため、肌の奥までしっかり届くビタミンC誘導体が含まれた化粧水を使うことで、繰り返す大人ニキビを予防し、できてしまったニキビ跡を薄くする効果が期待できますよ。

VCスターターセット
<返金保障>浸透力の違いを実感!ニキビにはビタミンC!

ビタミンC誘導体って安全なの?

2e8ac716e5a67106227f8ec3c2fe4896_s

ニキビ肌の改善に重要なビタミンC誘導体ですが、敏感肌の人は少し注意が必要な成分でもあります。
ビタミンC誘導体の濃度が高すぎる化粧水は、抗酸化作用によって肌がひりひりしてしまう可能性があります。

そのため、まずは顔以外の目立たないパーツに数滴たらし、時間をおいても赤みや痛みが出てこないか、テストした上で使用するよう心がけてみてください。

ちなみに、一般的な化粧水では、大体ビタミンC誘導体が1~2%の濃度で配合されていますが、ニキビ跡の改善を期待するなら3~5%ほどの濃度の商品を選ぶようにしましょう。

ビタミンCがニキビに良いって本当?ビタミンCの5つの働きとは!【関連記事】

ニキビケアに効果的なビタミンC誘導体の手作り化粧水!

8bc365a851db5f5824582bfeaed2451f_s

抗炎症作用や、過剰な皮脂の分泌を抑制するビタミンCですが、十分に肌の奥まで行き渡らせるには、毎日の正しいケアが大切です。

実は、ビタミンC誘導体は、インターネットやドラッグストアにて原液や粉末状のものを購入することができるのです。

この原液や粉末を精製水で薄めるだけで、簡単にお手製のビタミンC誘導体化粧水を作ることが可能です
また、自分のお肌に合わせた濃度に調整でき、添加物が一切入っていないため、肌への負担が少ないというメリットがあります。

おすすめの使い方は、洗顔で汚れをしっかりと落としてから、まずは手作りのビタミンC誘導体化粧水をつけ、その後普段使っている化粧水や乳液などを使って肌にフタをするというものです。

気になる赤みやニキビ跡には、化粧をたっぷり含ませたコットンで部分パックをしてみましょう。
ビタミンC誘導体の効果で、お肌の水分と油分のバランスが整えられるため、毛穴が引き締まったきめ細かい表面に変化していきます。

ちなみに、精製水と混ぜたビタミンC誘導体は添加物が入っていないため、4日~1週間以内を目安に使い切るようにしましょう。

このように、コラーゲンの生成を手助けするビタミンC誘導体は、ニキビをケアするだけでなく、つやつやで健康的な肌を生み出す重要な成分です。
美肌維持のために、毎日使う化粧水の成分は、できるだけ効果が高いものを選びたいですね。

コメントは受け付けていません。