気になる白ニキビ!芯を抜くと早く治るってホント?

朝、目が覚めて鏡を見てみると、昨日までなかったはずの白ニキビがポツポツできてしまっていたなんて経験がありませんか?
今回は白ニキビの原因~やってはいけないことなどを紹介していきます。

白ニキビができる原因は?

cd64c6fdf6a5966dca1cfddaf5f51a3d_s

女性にとって悩みの種であるニキビは、赤ニキビ、黒ニキビ、白ニキビなどさまざまな種類があり、原因によって見た目が異なります。
白ニキビは、これまで溜まっていた古い角質や皮脂が毛穴に詰まってしまったことで、皮膚の表面が盛り上がった状態のものをいいます。

この皮脂が長い間毛穴から取り除かれないと、やがて角栓になって毛穴そのものがふさがれてしまうのです。
また、毛穴をふさいでしまう原因は角質や皮膚だけとは限りません。

たとえば、私たちが毎日使っている洗顔料やシャンプーなどの洗い残し、きれいに落ちなかったファンデーションのカスといった人工的な毛穴づまりも、白ニキビができる原因となります。

しかし、洗い残しがないように念入りに手入れを行っていても、白ニキビができるような場合には、ホルモンバランスが崩れていることも考えられます。

ホルモンバランスが崩れると、皮脂の分泌が過剰になるため、より毛穴をふさぎやすい肌環境を作り出してしまいます。
外食が続いて偏った食生活になっていないか、つい夜更かしして生活リズムが崩れているなど、不規則な生活を送っていないか、これまでの生活スタイルを見直してみましょう。

間違った洗顔はニキビを悪化させる!?正しい洗顔でニキビケアする方法【関連記事】

白ニキビは芯を抜いても大丈夫?

2e8ac716e5a67106227f8ec3c2fe4896_s

気になるニキビを早く治したくて、つい白ニキビをつぶしたり、芯を抜くといった処置をする人は結構多いです。
しかし、基本的にはニキビをつぶす、芯を抜くといった行為はNGです。

安易に手でニキビをつぶしてしまうと、手についていた汚れや雑菌が皮膚にくっついてしまうので、かえって炎症が悪化する可能性があるため注意しましょう。

ただし、炎症がまだ起きておらず、肌の表面に芯が出ているような白ニキビについては、芯を抜くというのも治療のひとつです。
その場合、コメド(ニキビ)プッシャーという専用の道具を使うことで比較的安全に芯を抜くことができます。

このコメドプッシャーは、ニキビの芯を毛穴から押し出すための専用アイテムです。
ちなみに先端は、細いU字型の輪っかになっているタイプ、スプーンのような形状の中央に穴が空いているタイプの二つに大きく分けられます。

コメドプッシャーの使い方

1.コメドプッシャーは消毒薬などを使って消毒してから使う。

2.白ニキビが先端の穴の範囲に収まるようにして、上からゆっくりと押して芯を押し出す。

3.芯が出たら、コメドプッシャーの縁をすべらせ芯をすくうように取り除く。

4.使ったコメドプッシャーを消毒し、化粧水を使って毛穴を引き締める。

このように、コメドプッシャーを清潔に保ち、優しく白ニキビの芯を抜くことで、早くきれいに治すことも可能です。

こんな時は自己判断で白ニキビにさわらないで!

803647cd35396f52014ee7dd299c1a77_s

今では100円ショップなどでもお手軽にコメドプッシャーを入手できるようになりましたが、自己判断で芯を抜くことがおすすめできない状況もあります。

たとえば、肌の表面に芯が飛び出しているような白ニキビでも、よく見ると毛穴の奥の方が膿んでいて、赤ニキビになりかけていることに気づかない場合です。

そうした膿がたまったニキビを間違ってつぶしてしまうと、炎症が悪化したり、皮膚の表面がクレーターになる可能性があるため、不安な場合は皮膚科で処置してもらいましょう。

せっかくきれいに治るはずの白ニキビが、自己判断で芯を抜くことで、皮脂が酸化して治りにくい黒ニキビになったり、跡が消えなくなってしまっては取り返しがつきません。

また、白ニキビの芯を抜くといった処置を施しても、あまり時間が経たずに再発を繰り返すようであれば、まず毛穴に角栓ができやすい原因を探すことが必要です。

白ニキビができる原因を取り除き、自信が持てるきれいな肌を手に入れるには、専門の皮膚科の先生に相談することも大切です。
専門医であれば、ニキビの症状に合わせた治療薬や抗生剤などを処方してくれるので、安心して治療を受けることができます。
自分に合ったニキビケアを見つけて、繰り返す白ニキビを撃退しましょう。

コメントは受け付けていません。